債務整理中だとお金は借りれないと思ってませんか?どうしてもすぐにお金が必要だけど債務整理中なのでどこも貸してくれない・・・「ほんのちょっと、たった1万円でもいいので貸してくれる所があったらいいのに。でもそんな都合のいいところなんてないだろうなぁ」とお困りの方。ちょっと待ってください。本当に借りれないのでしょうか。ここでは債務整理中でも誰でも(専業主婦や学生)借りれるところがあるのかリサーチしたものをご紹介いたします。

債務整理中でも借入できる方法とは

債務整理中でもお金を借りる方法はあります。それも消費者金融や闇金ではなくちゃんとした機関を3つほどリサーチしてみました。

生活福祉資金制度

この制度は

・何らかの理由でその月に生活するためのお金(生活費でも可)が不足している

・現在就活はしているけど思っている働き先が見つからずお金がない

・車の重量税、NHKの支払いなどの支払いなどのお金がない

 

このような人を助けてくれる公的機関です。

年金担保融資

まとまったお金が必要だけどどうしてもお金を工面できないような場合、自分の年金を担保として国から直接借入れることができる制度です。

・融資される人は国民年金などの公的な年金制度に加入しており受給資格があるもので

・借りられる額としては10万円から200万円までの範囲

・返済利率は1.8%

よく「年金を担保にお金を貸します」と宣伝しているような金融業者は闇金なので絶対に騙されないようにしましょう。ここに紹介した「年金担保融資」は国が運営する公的機関です。ここは十分に注意が必要です。

保険契約者貸付

この制度は生命保険会社から借りることができるものです。「そんなことできるの?」と思いますよね。もちろん条件はあります。その条件とは解約返戻金の範囲内でということです。「お金は借りたいけど解約してまでは・・・」と思ってしまいますよね。それは心配ありません。解約しなくても仮に解約したときの返戻金が10万円あればその範囲でということになります。

債務整理に関するコラム(お暇な時にお読みくださいください)

現在では債務整理を弁護士に依頼してみたところで、グレーゾーン金利が当たり前の様に見逃されていた時のように大きな金利差は無いのが現状です。これまでの借金体質を改善させ、一日も早く借金完済に全力を尽くすべきです。

弁護士に借金の相談をしたという方が気になるのは、債務整理の仕方だと言っていいでしょう。事例で言いますと、自己破産は書類作成が煩雑ですが、任意整理の場合はあっという間に終わるようです。
21世紀に入った頃に、大手の消費者金融では期日に遅れず堅実に返済していた方に、過払い金を全て返金していたこともあったようです。遅延なく返済することの重要さが感じられます。
90年代半ば過ぎまでは、債務整理と申しましても自己破産だけであり、消費者金融への返済を苦に自殺する者が見られるようになるなど、シビアな社会問題にもなったことをご記憶かもしれませんね。本当に今となっては信じられません。
債務整理とは、債権者に交渉して借金減額を認めてもらった上で借金返済を行う方法のことを言います。ただし、近年の貸出金利においては法定金利を遵守する形で決められていて、以前のような減額効果は期待できないようです。

債務整理の中の手法のひとつのとして【任意整理】というものがありますが、任意整理に関して言いますと、全ての債権者と交渉するのではないということです。どういうことかと説明すると任意整理を敢行する場合は、借金の減額交渉する相手をこちらが好きなようににチョイスできるのです。
債務整理については、1980年代に一気に増加した金融業者等からの債務整理のをするために、西暦2000年頃から実施されるようになった方法であり、国も新たな制度を導入するなどして力となりました。個人再生がそのひとつというわけです。
借金が増え返済に行き詰ったら、弁護士に借金の相談をした方が良いでしょう。はっきり言って、独りで借金解決を試みても、99パーセント無理です。
今日まで滞ったことがない借金返済が期日通りにできなくなったら、真面目に借金の相談を考えた方が良いでしょう。当たり前の話ですが相談する相手は、債務整理に詳しい弁護士でなければ意味がありません。
借金でどうしようもなくなったら、迷うことなく債務整理を依頼しましょう。借金問題を解決するには借金自体をを減らさないと意味がないので、弁護士や場合によっては司法書士に任せて、まず最初に金利などの情報を調べる上げることから始めるべきでしょう。

何十年も前に高すぎる利息で借金をしていた方は、債務整理をする前に過払いがあるかどうかを調べて貰うことを強くおすすめします。借金返済が済んでいれば、着手金ゼロで引き受けてくれると聞いています。
債務整理においては、交渉をしてローン残金の減額を目指します。仮に家族の資金的な助けにより一回で借金返済ができるのであれば、減額しやすくなります。
消費者金融業者が全盛の時代、弁護士がクライアントより一任されて消費者金融と交渉するようになったのが債務整理だというわけです。その当時といいますのは任意整理が多かったようですが、ここに来て自己破産が多いとのことです。
借金返済ができない状態になった場合は、債務整理を進めるべきです。債務整理を開始するとなると、即受任通知なるものが弁護士より債権者に向けて送付され、借金返済は即座にストップされることになります。
自己破産の道を選べば、個人名義の住まいとか車に関しましては、所有することが許されません。それが実態ではありますが、借家にお住いの方は破産をしたとしても今の場所を変えなくても構わないので、日常生活は変わらないと言っても過言じゃありません。